2006年05月17日

かもめ食堂

少し前だけど、「かもめ食堂」を観ました〜

これは日本の映画です。
なぜか日本人がフィンランドに行って、そこで食堂をひらいています。
まずなぜフィンランドなのか? またお店とかおうちの中がやたらとおしゃれでお金はどうしたんだ?とか関西人としてはかなりつっこみたいです。

フィンランドは日本より時間がゆっくり流れてるみたいです。

お話としてはよしえさんとみどりさんそしてまさこさんの3人がフィンランドでかもめ食堂をやっていて、いろんなことがあるけどもゆっくり前向きに生きていこうっみたいなお話です。
いやなことはやらないのです。

特に泣けるとかちよっと面白いけど、爆笑みたいなものはない。
だけど、いいなぁ〜と心あったまる映画です。
あとシャケ定食が食べたくなったり、シナモンロールとコーヒーを無性に食べたくなります。

あと映画の中にでてくる雑貨関係がかなりおしゃれです。
映画のあとにイルムスに行きました。
イルムスに映画で使われてる雑貨や家具が紹介されてます。
かなりお高いですけどね(笑)

なかなか楽しい映画ツアーができました。
posted by ぷよにゃん at 23:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑中お見舞い申し上げます。
こちらは今日、梅雨明け宣言が出ました。
そちらはこのところの雨の被害はありませんでしたか?
お元気なのでしょうか?
健康あってのすべてですよね。
お体を大切にお過ごしください。
(バツイチ女のひとり言)
Posted by モモ at 2006年07月26日 15:57
モモさんこんにちは
今日は大阪は暑いです。すごい雨は降ってましたけど、とくに被害とかはないです(^O^)
モモさんも体調には気をつけて下さいね〜。

最近更新してないなぁ〜(笑)
Posted by ぷよにゃん at 2006年07月26日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17951676

この記事へのトラックバック

『かもめ食堂』
Excerpt: それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-05-18 12:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。